目の下のくまが治った!

MENU

目の下のくまが簡単に治せました!

目の下のくまがきれいになった!※私がくまを治した方法

 

目の下にくまができてしまうと、周りから疲れて見られてしまったり、老けて見られてしまったり、せっかく綺麗にメイクしたのになんだか暗く見えてしまったりしてしまいがちですね。

 

なにより、気分が上がらない。そんな方もたくさんいるのではないでしょうか?

 

私は、よく青いくまができてしまいます。

 

 

 

元々、肌が白いこともあってすっぴんだと病人のような顔色に見られることが多く、小さい頃から周りから「体調が悪いの?」とよく声をかけられました。

 

 

大人になってメイクをしはじめてからも、うまくくまを隠すことができず、気分が晴れないまま、仕事へ出勤なんて日もしばしばあります。接客業をしている女性だったら、尚更気にしてしまいますよね。

 

でも、夜友達とお酒を飲んだり、お菓子を食べたり、メイクがちゃんと映えたり、普通のことを普通に楽しみたいですよね。

 

 

私は、睡眠をよくとるようにしたり、食事をしっかりとるようにしたり、メイクを厚くしてみたりと、くまに効きそうなたくさんの対策をとってきましたが、ちょっと油断するとすぐにくまが出現してしまいます。

 

そしてすぐに治らないんですよね。

 

 

目の下のくまを治す方法とか、予防法とかいろいろ調べてやってみても、途中で面倒になってしまうしなかなか効果も表れないし本当に悩みの種でした。

 

でも、あるものを使うようになってから3週間でくまが目立たなくなってきたし、くまができにくくもなりました!

 

ある物とは「アイキララ」というクリームです。

 

目の下のくまに効果があった「アイキララ」ってどんな物?

 

アイキララは、目の下のクマ専用のアイクリームで、いろいろなタイプのクマに効果があります。

 

 

アイクリームって色々あるけど、金額も高くクマの種類によっては効果がない物が多いんですよね。

 

アイキララはこれ一本でいろいろなクマに対応できるのがホント便利です。

 

 

使い方も簡単で、朝と夜の洗顔後にアイキララを1プッシュしてクマの部分につけるだけです。

 

定期コースが金額的にはお得ですが、定期コースって通常ならば何度か続けないといけないですよね?

 

でも、アイキララはお試し定期コースがあっていつでも自由に停止できるんです。

 

効くか分からないのに定期コースに申し込むのって不安ですが、そういう点でもアイキララはとても利用者に優しい商品です。

 

その上全額返金保証もあるので私にとって購入の決め手にもなりました。

 

もし、あなたも目の下のくまに悩んでいるのなら気軽にお試ししてみるといいですよ。

 

 

アイキララ公式サイト↓
https://www.eyekirara.com/

 

 

アイキララの体験レビュー

 

目の下のくまに効果があると話題のアイキララの体験レビューです。

 

私がアイキララを注文してから、約3日ほどで商品が手元に届きました。

 

目の下のくまがきれいになった!※私がくまを治した方法

 

販売しているのは、北の快適工房という会社で、他にも多くの人気商品を販売している企業です。
安全にとことんこだわっている会社のようですよ。

 

目の下のくまがきれいになった!※私がくまを治した方法

 

アイキララ本体の他、使用方法やパンフレットなどいろいろ読んで為になるものも同封されていました。

 

目の下のくまがきれいになった!※私がくまを治した方法

 

アイキララ本体ですが、初め見た時注射器?って思うくらい不思議な形です(笑)
でも、実際の使い方も注射器と一緒で上の部分を押してクリームを出す仕組みになっています。

 

目の下のくまがきれいになった!※私がくまを治した方法

 

一度に使う量はこのくらいで、通常は手の甲に出して5秒間くらい体温で温めると浸透力がアップするそうです。
付け方は、こすったりすると色素沈着やたるみの原因になるので優しく押さえるように付けます。

 

私がアイキララ使い始めてから効果を感じられたのは3週間くらいでしたが、やはり個人差はあるようで3か月は使ってみて下さいとの事です。
私には合っていたみたいです。

 

例え、アイキララを全部使ってしまっても全額返金保証が受けれるので、気になる方は一度試してみるといいかもしれません。

 

 

アイキララ公式サイト↓
https://www.eyekirara.com/

 

 

 

目の下にくまができるのはなぜ?

目の下のくまがきれいになった!※私がくまを治した方法

目の下にくまができるのはなぜでしょうか?

 

もともと目の下や目の周りの皮膚は、他の部位の皮膚とは違ってとても薄く、卵の薄皮くらいの薄さしかありません。

 

その薄さは約0.6ミリと皮膚の下の血管の色が見えてしまうほどです。その為、血液の黒ずみや色素沈着が目立ってしまいくまとなって現れやすくなります。

 

目の下のくまの種類

目の下のくまは大きく分けて、青クマ、茶クマ、黒クマの3種類に分類する事ができます。
自分にできたくまがどのタイプなのかをいち早く知ることで、素早く対処することが出来るようになります。

 

本来は、くまができるまえに予防することが大切ですので、まだくまが出来ていない人は、くまの種類と原因、その対処法をよく知っておくことで予防は十分に可能となります。
ここに挙げたくまの原因の中で、自分の生活習慣などに思い当たる点が少しでもある場合は、そこから改善していくようにしましょう。

 

今はくまが出来ていなくても、このままその生活習慣を続けていけば、いずれくまが発生するかもしれません。くまは一度できると、とれにくいものもありますので、予防できるなら、予防が最善の手段です。

 

目元の印象は、その人そのものの印象を左右することもある大切な部分ですので、原因を知ってまずは予防に努めることが重要になってきます。
毎日少しずつでも、手間を惜しまずケアをしていきましょう。

 

では、それぞれのくまについて詳しく見てみましょう。

 

青クマ

青グマは一番多く見られるくまです。
原因は血行不良が主で、生まれつきの要素や冷え、睡眠不足、生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れ、身体の疲労、眼精疲労、ストレス、血流の滞りなどが原因として挙げられます。

茶クマ

茶グマの原因は色素沈着が主で、紫外線からのダメージ、乾燥やアレルギーからくる痒みによる目のこすりすぎ、化粧品かぶれ、落としきれないマスカラなどが原因として挙げられます。

黒クマ

黒グマの原因はたるみや皮膚のへこみが主で、生まれつき目の下の脂肪が少ない、加齢による脂肪の委縮、皮膚のたるみによって影ができている、加齢による眼窩脂肪を支えている筋肉のゆるみ、目の下のコラーゲン不足が挙げられます。

 

目の下のくまの対策や解消方法について

 

目の下のくまの対策や解消方法を種類別に解説します。

 

青クマ対策と解消方法

目の下のくまがきれいになった!※私がくまを治した方法

 

青クマは身体全体の血行が悪くなっているのが原因なので、まず生活習慣の見直しが必要です。

 

目元を流れる血管の血流が停滞し、うっ血すると目元の薄い皮膚から透けて酸素の少なくなった暗い色の血液が青黒く見えることで起こります。
一番の解消法は、目の周辺の血行を改善することです。

 

血行不良の原因は様々ありますが、眼精疲労や寝不足、冷えといった生活習慣が原因となっているものがほとんどです。
そのため、まずは、自分の生活習慣を見直してみましょう。

 

パソコンやタブレット、スマホなどを長時間凝視する生活をしていないか、就寝時間が午前0時を過ぎているなど不規則でないか、冷たい飲み物ばかり飲んだり、入浴をシャワーだけで済ませたりしていないかなどです。
思い当たる点があるなら、出来る範囲で改善していきましょう。

 

パソコンを仕事や勉強で長時間使う必要がある場合は、適度に休憩をとったり、座ったままできるストレッチをしたり、目のストレッチを勉強するなどです。
そして、シャワーではなく、バスタブにお湯を溜めて入浴すると、目だけではなく身体全体の血行を良くすることができます。

 

暑い季節には、冷たい飲み物が欲しくなりますが、出来れば自分の水筒を用意し、温かい飲み物を持ち歩くようにします。
血行を促す成分である鉄分を積極的に摂るのも効果的です。

 

また、肩や首が凝っている、と感じている人は、その凝りをほぐすことも顔全体の血流の改善に効果的です。
意外かもしれませんが、ストレスも青クマの原因となる血行不良を引き起こすことがあります。

 

人間がストレスを受けると、心身の緊張を高める交感神経が優位になり、リラックスするための副交感神経の働きが鈍くなってしまいます。
交感神経が優位になった場合、血管を収縮させてしまうため、血流が悪くなります。

 

ですので、疲れを感じている日は、早めに帰宅し、バスタブにぬるめのお湯を張ってゆっくりと入浴することをおすすめします。
そうすることで、心身ともに健康になり、目のクマも解消できます。

 

 

 

茶クマ対策と解消方法

目の下のくまがきれいになった!※私がくまを治した方法

茶クマは、シミや色素の沈着が主な原因とされます。
こすりすぎ、スキンケアや癖を見直すことが必要です。シミやくすみ対策をすることで改善されます。スキンケアの見直しとは具体的にクレンジングと洗顔です。

 

クレンジングや洗顔の際、目元を強くこすってしまいがちです。目元をこすってしまえば、色素沈着の原因になってしまいます。

 

余計にくまがひどくなってしまうので癖を直す必要があります。アイメイクリムーバーを使ってメイクを落とす方はこすりすぎないようにし、リムーバーをたっぷりコットンに染み込ませて使うようにしましょう。

 

目元をこすってしまいがちなのは花粉症やアレルギーの方です。アレルギー対策をとって目元はこすらないようにしましょう。茶くまの原因になるメラニンの生成を抑えるためにビタミンCをとるのも効果的です。
メラニン対策として美白化粧品でケアをすることが茶グマには効果的です。

 

 

茶クマの中でも原因によっていくつかのタイプがあります。

 

クマの原因をしっかり把握しておかないと、せっかく手間をかけてケアをしても思うような効果が得られないことになってしまいます。
ですので、クマに対する知識をしっかり持っておくことが大切です。

 

血行不良によって目元の毛細血管に血液が停滞し、赤血球が血管の外ににじみ出ることで出来るクマを、赤クマと言います。
色素沈着タイプとよく混同されやすいタイプですが、紫外線や外部刺激が原因の色素沈着タイプと異なり、血行不良が原因なので、解消法も異なります。
赤クマの解消法は、顔全体の血流を改善することが、一番の近道となります。

 

それには、無糖の炭酸水を使った炭酸水洗顔がおすすめです。
その大前提として、メイクをしっかり落とし、肌を綺麗な状態にしておくことが重要です。

 

メイクオフしたあと、洗面器に無糖の炭酸水を入れ、そこに顔を20秒ほど浸すことを、5回ほど繰り返します。
炭酸ガスが肌表面から吸収されると、余分な二酸化炭素を体外に排出しようと血管が膨張し、結果的に血流が改善されます。

 

新陳代謝の低下などによって、角質が分厚くなってしまい、肌をく済ませていることが主な原因の角質肥厚タイプのクマを解消させるには、顔全体をピーリングし、古い角質を落とすことが効果的です。
ピーリング専用の化粧品もありますが、手軽に買える、あるいは自宅にある食品でもピーリングすることができます。

 

そのひとつがヨーグルトです。

 

やり方は簡単で、ヨーグルトを顔全体に塗り、軽く指の腹でマッサージした後洗い流します。
毎日ではなく、週に2回ほどを1カ月続けると、くすみがとれて肌が明るくなってきます。
色素沈着、いわゆるシミタイプのクマは、紫外線や目を強くこするなどの物理的刺激、乾燥などが主な原因です。

 

これは、一般的なシミのケアとほぼ同じ方法でケアすることができます。

 

つまり、メイクを綺麗に落とすこと、肌を保湿すること、メラニンを作らせないこと、肌のターンオーバーを助けること、紫外線を浴びないことです。
目のクマの原因をきちんと知った上でケアすることが、より高い効果を得るためには最も大切なことです。

 

 

 

 

 

黒クマ対策と解消方法

目の下のくまがきれいになった!※私がくまを治した方法

 

黒クマは、目元にできるクマのうち、一番厄介かもしれないですね。
それは、他のクマが血行不良や、シミ、角質といった原因が比較的はっきりしているのに対し、黒クマは加齢などによる皮膚のたるみや眼窩脂肪が押し出されることによってできる影が原因だからです。
影を無くすには、光を当てればよいのでしょうが、場所が目元だけにそう簡単ではありません。

 

黒クマにもタイプがあって、目の周辺の筋肉が加齢などによって弱くなったことで眼球が眼窩脂肪を押し出す、膨らみタイプの黒クマと、目元の肌の真皮を構成するたんぱく質やアミノ酸が減少することによってできるくぼみタイプがあります。

 

膨らみタイプの黒クマの主な原因は、皮膚のたるみです。
たるみの原因は、加齢や肌の乾燥、紫外線による肌へのダメージが挙げられます。

 

ですので、肌のアンチエイジングや保湿、そして、肌を構成するコラーゲンやヒアルロン酸といったたんぱく質やアミノ酸を補給してあげることが、クマ解消への近道となります。
これは、一般的な肌のケアと似ているため、特別に目新しいことはありませんので、取り組みやすいのではないでしょうか。
その他に目の周辺の筋肉をトレーニングするという方法があります。

 

目を軽く閉じた状態からゆっくりと強くさらに目を閉じていき、5秒ほどキープします。
キープしたら、またゆっくりと目の力を抜きながら目を大きく開きます。
開いた状態を5秒キープしたら、終了です。

 

これを入浴時などに10回ほど繰り返して行います。
くぼみタイプのクマの主な原因は、肌の真皮を構成する物質の減少ですので、これを補ってあげることが解消につながります。
ですが、ヒアルロン酸だけを補っても真皮を構成する繊維芽細胞と呼ばれる細胞が増加することはありません。

 

ヒアルロン酸はコラーゲンと深い関連性があるため、双方を適度に補う必要があります。

 

ですので、ヒアルロン酸とコラーゲンが含まれている化粧品を使うことが有効な手段となります。
こちらも普段のお肌のケアと並行してできるケアですので、取り組みやすいですね。

 

 

目のクマは病院で治せるの?

目のクマは、実は病院で治療することができるものなのです。何科を受診すればいいのか、というと、美容皮膚科です。

 

まずは、美容皮膚科で受けられる治療や施術の内容、費用を詳しく知ることで、自分にあったクマの対処法を知っておくことが大切です。
美容皮膚科で受けられる目のクマの治療や施術には、以下のような方法があります。

 

ヒアルロン酸注射

目の下のクマの部分にヒアルロン酸を注射で注入してもらう方法です。
注射1本あたり5万円からと、少しコストはかかりますが、すぐに効果が出る上に、施術の途中でも経過を確認しながら進めることが出来るというメリットがあります。
ただ、ヒアルロン酸は次第に体内に吸収されますので、時間が経つとまた施術を受けることになる、というデメリットもあります。

 

ビタミンCを点滴

クマの種類によっては、高濃度のビタミンCを点滴する方法があります。
血中のビタミンC濃度を一気に上昇させることで抗酸化作用を高め、結果として美白効果を狙うものです。注入する量によって金額は変わり、6グラム程度なら5000円が目安となっています。
これは月に2回ほど通う必要があり、継続することでより高い効果が得られる施術なので、少しコストがかかります。

 

PRP療法

PRP療法とは、自分の血小板を利用して、肌の組織を増やすことで肌を若返らせ、目のクマを目立たなくさせる方法です。
これは、クマの種類を問わず効果が期待でき、安全性も高く、一度の施術で約3年間効果が持続するメリットがある反面、一度の施術にかかるコストが20万円から40万円ほどと、その他の施術に比べて費用がかかることがデメリットとなります。
しかし、3年間効果が得られる点を踏まえると、トータル的にはコストの面でも手間の面でもプラスとなるかもしれません。

 

知識を得た上で、様々な方法を比べて、自分に合った方法を選びましょう。

 

 

青グマと茶グマはコンシーラーでも目立たなくできます

 

目の下のくまがきれいになった!※私がくまを治した方法

青グマと茶グマは、コンシーラーを上手く使うことでも目立たなくさせる事ができます。

 

スティックやペンシルだと目元に摩擦が生じてしまいくまには逆効果なので、リキッドや筆ペンがおすすめです。

 

 

青グマにはオレンジのコンシーラーを茶グマには黄色のコンシーラーを使うと有効です。そして、くまが濃いといって厚塗りメイクをするのは厳禁です。

 

 

また、コンシーラーを使う際の塗る順番が重要です。

 

パウダーファンデーションを使う方は、コンシーラーを塗ってからパウダーファンデーション、フェイスパウダーの順に塗りましょう。リキッドファンデを使う方は、リキッドファンデを塗ってからコンシーラー、フェイスパウダーの順に塗りましょう。

 

青グマに関しては、メイク前に蒸しタオルを5〜10分当ててからメイクするのが効果的です。蒸したタオルの作り方は、水を緩めに絞った濡れタオルをレンジで30秒から1分過熱すると簡単に蒸しタオルが作れます。

 

 

黒グマを目立たせないためのメイクは、コンシーラーを使うのはNGです。逆に影が目立ってしまいます。目の周りをなるべく明るくする必要がありますので明るめのオレンジのアイシャドウを使いましょう。茶系のアイシャドウを使ってしまっては余計目元が暗くなってしまいますので注意が必要です。

 

有効なメイク方法でもクマは目立たなくできますので是非参考にしてみて下さい。